日産 車の死角を体験するイベントを開催

車の死角を体感できる「#死角アート BLIND SPOT ART」が、日産グローバル本社ギャラリーで2018年4月26日から5月6日まで開催されている。
日産車に装備されている、「インテリジェント アラウンドビューモニター」を体感するためのイベントとなっている。

スポンサーリンク

#死角アート BLIND SPOT ART

日産リーフ 死角

リーフの前方・左サイド・リヤにワイヤーアートが置かれている。
このワイヤーアートは、角度によって見え方が変わる造形を得意とする造形作家の武藤裕志氏によるもの。

日産リーフ 死角
日産リーフ 死角

ワイヤーアートは死角に置かれているため、運転席からは見えない。

日産リーフ 死角

しかし、「インテリジェント アラウンドビューモニター」で車両を真上から見た映像を表示すると、前方はゾウ、左サイドはオオワシ、リヤはライオンの造形が現れる。

インテリジェント アラウンドビューモニター

こちらはフロントカメラの映像。
車には死角があることを再認識してもらうために、死角を補う「インテリジェント アラウンドビューモニター」を体感できるアートとして今回の展示が行われた。

インテリジェント アラウンドビューモニター

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加