レジェンドドライバートークショーその3

日産自動車の創立80周年を記念したパレード「ヘリテージ・カー・パレード in Yokohama」が2013年12月23日に日産グローバル本社ギャラリーで開催された。

当日、日産グローバル本社ギャラリー内のステージでは日産のドライバーとして数々のレースで活躍し、現在スーパーGTで監督を務めている長谷見昌弘氏と星野一義氏による「レジェンドドライバートークショー」が行われた。

トークショーの内容を要約し、5回にわたってお伝えする。
3回目は2人の好きな日産車について。

スポンサーリンク

星野「スカイライン買っとけば間違いない」

-今までで1番思い入れのあるクルマは?

長谷見昌弘氏(以下長谷見)  サニー1000に乗ってましたけど、いいクルマでしたよ。

その後はGT-Rのハードトップですね。

星野一義氏(以下星野)  先輩と同じサニー。
レースでもいいし、商用車もいいし、速いし燃費もいいし、(トヨタ)カローラより良かった。
ただ、日産に入った時からスカイラインで育って今でもスカイラインだから、やっぱスカイラインの方が近いんじゃないかな。

-今日ギャラリーには素敵なクルマがたくさんあるが、星野さんはやっぱりスカイライン?

星野 (ステージ上のダットサン14型ロードスターを指して)今はこれが欲しい。
よだれが出るよね。

日産創立80周年セレモニーのステージ、ダットサン14型ロードスター

-パレードでは昔のクルマが集まるが、当時のクルマがいま手に入るならどんなクルマがいい?

長谷見 やっぱりスカイラインのハードトップですね。

-1度は自身で持っていたクルマだが?

長谷見 あのクルマが1番、フレーム剛性とかいろんなところが良かったですね。

星野 どうしても長谷見さんと同じになっちゃうんだよね。

長谷見 ドライバーの立場から言うと、総合的にフレーム剛性とかエンジンとか足回りが揃ってたんだね。

-レースと市販車の関係が当時からきちんとしていたから、その結果レースで強かった?

長谷見 そうですね。だからスカイラインファンていうのが多いんじゃないですか。

星野 スタイリングと運動性能がいい。
(観客に向かって)ホントにスカイライン買っとけば間違いないです。

スポンサーリンク