日産自動車80周年セレモニーでの志賀俊之副会長

日産自動車の創立80周年を記念したパレード「ヘリテージ・カー・パレード in Yokohama」が2013年12月23日に日産グローバル本社ギャラリーで開催された。

日産グローバル本社ギャラリー内のステージで行われた志賀俊之・代表取締役副会長によるセレモニー開会の挨拶は次の通り。

スポンサーリンク

日産自動車 志賀俊之・代表取締役副会長より

本日は日産自動車80周年のレセプションにお越し下さいまして誠にありがとうございます。

日産自動車はちょうど80年前、1933年、昭和8年にこの地横浜で誕生いたしました。
12月26日を迎えて、ちょうど80周年となります。

この80年の歴史を振り返りますと、私自身も半分近い年月をこの社内で過ごしてきたわけですけれども、決して順風満帆ではない、幾多の困難を乗り越えてきた歴史であったとそのように思っております。

しかし、そのいずれの時も本当に熱い日産ファンの皆様に、そしてパートナーの皆様に、そして心から日産を応援する従業員の皆さんとともに乗り越えてきた歴史でございました。

この80年を迎えるにあたりまして、今一度皆様方の日頃のご支援に心よりお礼を申し上げたい、そのように思います。

今このステージの上に、ダットサン14型が置かれております。
ちょうど創業を開始して1年目の昭和10年に誕生いたしました。

日産創立80周年セレモニーのステージ、ダットサン14型ロードスター

そのころに日産自動車は、国内初の量産自動車メーカーを目指しまして、横浜の地に量産の生産ラインを作りました。

そしてその工場が稼働してからわずか2年で、1万台を生産する初の国産量産メーカーとなりました。

そして今や日産自動車は80年を前にし、年間500万台を超える自動車メーカーへと成長してまいりました。
その間日産自動車は常に、独創的で革新的なクルマをお客様に提供する。

今日これから、1時半からパレードが行われます。
その先頭にはダットサン14型が先頭を走り、その後に数々のダットサン車、そしてブルーバード、スカイライン、シルビアとたくさんの思い出深いクルマがパレードを行います。

そのいずれも、その時々にお客様に対して感動的な喜び、走る喜びを与え続けてきたクルマだったと思います。

私自身、この80年を振り返るとともに、これからもますます日産はお客様に対して革新的で独創的で、そして感動的な走る喜びをご提供するクルマを作り続けたい、そのような思いを新たにして今日この記念日を迎えております。

本当に、改めまして皆様方の日頃の日産に対する応援に感謝を致しまして、今日のセレモニーの開会のご挨拶とさせていただきます。

本日はどうもありがとうございます。

そしてこの後、日産のモータースポーツ活動に長年携わっている長谷見昌弘氏、星野一義氏による「レジェンドドライバートークショー」が行われた。

スポンサーリンク