第46回東京モーターショー2019 日産車体ブース

この記事は約2分で読めます。

第46回東京モーターショー2019が、2019年10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトとMEGA WEB、シンボルプロムナード公園で開催された。

東京ビッグサイト青海展示棟では、日産自動車のグループ会社である日産車体が出展していた。

スポンサーリンク

第46回東京モーターショー2019 日産車体ブース

第46回東京モーターショー2019 日産車体ブース

日産 パラメディック 電動ストレッチャー搭載車(参考出展)

参考出展項目

電動ストレッチャー
リチウムイオンバッテリー
LEDフォグランプ
アルミホイール

日産 パラメディック 電動ストレッチャー搭載車

NV350キャラバンをベースに開発された高規格準拠救急車。
参考出展用に装備された電動ストレッチャーは電動油圧昇降システムによって、ボタンを押すだけで無段階に昇降でき、救命措置を最適な位置で行える。

日産 パラメディック 電動ストレッチャー搭載車
日産 パラメディック 電動ストレッチャー搭載車

車両側に設置されたアーム形状のリフト装置がストレッチャーを持ち上げ、搬入・搬出の負担を軽減させる。

日産 パラメディック 電動ストレッチャー搭載車

医療機器の電源は通常モデルでは鉛バッテリーだが、今回の展示車は参考出展用として、リチウムイオンバッテリーを搭載。
停車中の発電のためのアイドリング回転上昇を抑えることができ、住宅地の救命活動での騒音を低減。
エンジン回転中のオルタネーターの他、100ボルトコンセントからの外部充電も可能となっている。

日産 パラメディック 電動ストレッチャー搭載車

NV200 マルチベッドワゴン 2トーンカラー・安全装備(参考出展)

NV200バネット マルチベッドワゴン 2トーンカラー

SUVよりも使い勝手が良く、コンパクトカーよりも快適であることがテーマで、通常モデルの希望小売価格は2,717,508円。
今回の展示車は参考出展用にホワイトとライトブルーの2トーンとなっている。
また、安全装備の「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」、「車線逸脱警報」、「ハイビームアシスト」、「標識検知」も参考出展用に装備されている。

NV200バネット マルチベッドワゴン 2トーンカラー

マルチベッドでアウトドアライフを楽しめるようになっている。
ベッド寸法は長さ1,720㎜、幅1,270㎜、高さ440㎜で、用途に合わせてアレンジが可能。

NV350 キャラバン ブラックギアコンセプト(参考出展)

NV350 キャラバン ブラックギアコンセプト

ボディカラーはモーターショー特別仕様のグレー。
それにブラック基調のフロントグリルとレディッシュオレンジのフォグランプフィニッシャーをアクセントとして組み合わせている。

NV350 キャラバン ブラックギアコンセプト

こだわりの趣味を持つユーザーに活動的なカーライフを提供する。

前回の東京モーターショー2017 日産車体ブースは下記リンクから。

第45回東京モーターショー2017 日産車体ブース
第45回東京モーターショー2017が2017年10月27日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催されている。日産自動車のグループ会社である日産車体は、日産自動車とは別にブースを出展している。