2013年11月28日に第43回東京モーターショーの日産ブースで行われた、放送作家の小山薫堂氏と日産自動車チーフクリエイティブオフィサーの中村史郎氏による「DESIGN TALK LIVE」。

小山氏と中村氏が、日産ブースメインステージに展示されたコンセプトカーの「Blade Glider(ブレイドグライダー)」「IDx FREEFLOW(アイディーエックス フリーフロー)」「IDx NISMO(アイディーエックス ニスモ)」を前に、デザインについてトークを繰り広げた。

最後となる第10回は次回のコンセプトカーについて。

第43回東京モーターショー 小山薫堂×中村史郎トークライブ ステージの様子

スポンサーリンク

企画1年、開発1年

小山:もしかしてすでに2年後の東京モーターショーのコンセプトカーは始まってるんですか?

中村:ぼちぼちですね。ぼちぼちやらないと。開発に1年かかりますから。

小山:1年でできるんですか?

中村:でも企画は1年ぐらいかかりますけどね。(企画して)形を決めていくのは1年ぐらいかかります。だからもうそろそろ私たちはモーターショーが終わると次のモーターショーのことを考える。

小山:じゃ、今年のこの会場の雰囲気を見ながら、次回2年後のクルマはどういう風にしようかなというのを考えられたりするんですか?

中村:来週ぐらいから考えようかなと。

小山:すごい具体的ですね。

中村:時間も来たようですけど、これからも貴重なご意見を聞かせていただきたいと思います。

小山:80周年おめでとうございます。

中村:皆さん30分間お付き合いいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク