日産 gt-r nismo ダークマットグレー 第43回東京モーターショー展示車

2013年11月19日に発表された日産GT-Rの2014年モデルでは新グレード「GT-R NISMO」が追加された。
GT-R NISMOは2014年2月に発売予定だが、2013年11月22日から12月1日まで東京ビッグサイトで開催された第43回東京モーターショー日産ブースで展示が行われた。

GT-R NISMOはこれまでジューク、マーチ、フェアレディZと続いたNISMOシリーズのフラッグシップで、NISMOならではのレーシングテクノロジーを生かしたファクトリーチューンが施されている。

スポンサーリンク

GT500譲りのエアロ

GT-R NISMOのエアロパーツの開発は、ニスモのスーパーGT GT500車両のエンジニアが担当。
フロントバンパー、アンダーカバー、サイドシルプロテクター、リアバンパー、リアスポイラーがNISMO専用デザインとなり、300km/hでのダウンフォースが標準車に比べ100㎏増加している。

特にフロントバンパーのデザインは、スーパーGT GT500車両の中でも空気抵抗の少ない富士仕様のフロントカウルをモチーフとしたデザインとされている。

材質もカーボン製となっており、前後バンパーは標準車の樹脂製に対し20%の軽量化を実現。
フロントフェンダーについても、ホイール幅の拡大に対応すべく専用品となっている。
カーボン製トランクリッドも装備され、アルミ製の1/2の重量となっている。

日産 gt-r nismo 第43回東京モーターショー展示車

GT3譲りのエンジン

GT-R NISMOのエンジンは型式こそ標準車と同じVR38DETT型となっているが、NISMO専用チューニングが施されている。

GT3規定のレース車両「NISSAN GT-R NISMO GT3」に採用されている大容量ターボチャージャーを搭載する他、燃料噴射量をコントロールするインジェクター駆動回路や燃料ポンプ、冷却水のリザーバータンクをNISMO専用品としており、最高出力は標準車に比べて37kW(50ps)増の441kW(600ps)、最大トルクは18Nm(2.0kgf・m)増の650Nm(66.5kgf・m)を発生する。

コーナリング性能を高めた足回り

足回りのセッティングは、GT-R 2014年モデルの標準車同様に路面追従性を高める方向とされているが、その上でハブボルトの高剛性化やアッパーリンク、スタビライザー、スプリング、ダンパー、タイヤ、アルミホイールがNISMO専用となっている。

アルミホイールはフロントのリム幅を標準車の9.5Jから10.0Jへと拡大。
デザインとカラーもスーパーGT GT500車両をイメージしたものとなっている。

内装もNISMO専用

内装はブラックを基調としてレッドをアクセントとして使う、NISMOシリーズ共通のカラーコーディネイトでまとめられている。

素材を本革からアルカンターラに変更したステアリングにはレッドのセンターマークが付き、タコメーターにもレッドリングが追加されている。

GT-R NISMO メーター

シートはブラックの本革とレッドのアルカンターラが使われ、背面部をカーボン製としたカーボンバックバケットシートが装備される。
ボディカラーは展示車のダークマットグレーをはじめとする5色が用意される。

日産GT-R NISMO

ボディカラー

ダークマットグレー(#KBL・NISMO専用特別塗装色)

内装色

ブラック

メーカー希望小売価格

15,015,000円

メーカーオプション

・特別塗装色(ダークマットグレー)2014年夏発売予定 525,000円
・Boseサウンドシステム(CD一体AM/FMラジオ、11スピーカー、MP3/WMA再生機能)、
チタン合金製マフラー セット価格375,900円

オプション込み合計価格(消費税込み)

15,915,900円

スポンサーリンク