2013tas_z34-0001

2013年1月11日~13日に幕張メッセで開催された「東京オートサロン2013」。
日産ブースの展示車から、アマチュアレース用のフェアレディZを紹介する。

スポンサーリンク

ブレーキだけで111万円のフェアレディZ 東京オートサロン2013

フェアレディZ ニスモ Z-チャレンジスペック(参考出品車)

コンセプト

フェアレディZ(Z33、Z34)のオーナーがサーキットを楽しむためのクラブマンレース「Z-Challenge」参戦仕様で、 安全装備を含めサーキットをより楽しく走るために必要なパーツを装着した車両。

フェアレディZ ニスモ Z-チャレンジスペック 車両スペック

  • 出展車両名:FAIRLADY Z NISMO Z-Challenge Spec
  • ベース車名:ニッサン フェアレディZ
  • ベース車名型式:ニッサンCBA-Z34
  • ベースグレード:Version NISMO
  • ボディカラー:ブリリアントホワイトパール(3P)<#QAB・スクラッチシールド>特別塗装色
  • 公道走行可

2013tas_z34-0008

エンジン

  • 型式:VQ37VHR
  • 排気量:3,696cc
  • 最高出力:261(355)kW(PS)/7,400rpm
  • 最大トルク:374(38.1)N・m(kgf・m)/5,200rpm

外装

  • NISMOカーボン製ドアミラーカバー
  • NISMOマルチファンクションブルーミラー(親水ミラー)
  • NISMOアルミダイキャスト製フューエルフィラーキャップカバー
  • NISMOカーボン製カーボンピラーガーニッシュ
  • NISMOカーボン製ナンバープレートリム
  • 牽引フック(フロント&リア 大森ファクトリーオリジナル仕様)
NISMOマルチファンクションブルーミラー

NISMOマルチファンクションブルーミラー

内装

2013tas_z34-0011

  • NISMO GTシフトノブ ウレタン
  • NISMOキッキングプレート
  • NISMOフロアマット
  • NISMOカーボン製ルームミラーカバー
  • NISMOレーシングハーネス
  • NARDI CLASSIC φ360ブラックスエード&ブラックスポーク
  • WORKSBELLEステアリングボス
  • 6点式ロールケージ
  • RECARO RS-GSKシート
RECARO RS-GSKシートとNISMOレーシングハーネス

RECARO RS-GSKシート

イタリア・ナルディ社製のブラックスエードのステアリング。メーターパネルはバージョンニスモのノーマルのまま

イタリア・ナルディ社製のブラックスエードのステアリング。
メーターパネルはバージョンニスモのノーマルのまま。

6点式ロールケージ

6点式ロールケージ

エンジン

  • NISMOスポーツリセッティングECM
  • NISMOクーリングメニューエンジンオイルクーラー
  • NISMOクーリングメニューラジエター

Z34 Version NISMO用のスポーツリセッティングECM(115,500円)は、サーキットでの速度差による危険を回避するという目的で、スピードリミッターの作動速度のみ変更(180km/h→250km/h)されている。

パワートレイン

  • NISMO SUPER COPPERMIX TWIN(クラッチディスク/クラッチカバー/フライホイール)
  • NISMO GT L.S.D Pro Carbon
  • 空冷式リアデフオイルクーラー

NISMO GT L.S.D Pro Carbon(194,250円)は、サーキットでのグリップ走行を目的に開発されており、内部のディスクにカーボンファイバークロス素材を採用することでスムーズな効きを実現している。

足回り

  • OHLINS車高調整式 大森ファクトリーオリジナル仕様(ダンパー/スプリング)
  • フロントホイール NISMO VR.G2 OMORI FACTORY SPEC 19×9.5J 42
  • リアホイール NISMO VR.G2 OMORI FACTORY SPEC 19×10.5J 35
  • フロントタイア ADVAN NEOVA AD08 245/40R19
  • リアタイア ADVAN NEOVA AD08 275/35R19
  • NISMO ロングハブボルト
  • NISMO クーリングメニュー パワステオイルクーラー

ホイールは2012年3月~4月に期間限定販売された「VR.G2 OMORI FACTORY SPEC」で、専用ブラックカラーとなっている。価格はフロントが1本81,900円、リアが1本84,000円だった。

限定のホイールとR35GT-R純正ブレンボブレーキ。

ニスモ大森ファクトリー限定のホイールとR35GT-R純正ブレンボブレーキ。
ちなみにブレンボとはイタリアのブレーキメーカー。

ブレーキ

  • NISSAN GT-R純正Brembo((フロント・リアブレーキキャリパー/フロント・リアブレーキローター/フロント・リアブレーキパッド)

ニスモでは、サーキット走行を行うオーナーにはR35GT-R用の純正ブレンボブレーキを推奨しているが、価格は他の部分の施工内容により変わるため応談となっている。

そこでR35GT-Rの純正ブレーキの部品価格を調べてみると、

  • フロントキャリパー:左右各176,000円
  • リアキャリパー:左右各120,000円
  • フロントローター:左右各110,000円
  • リアローター:左右各85,000円
  • フロントパッド:左右セット71,500円
  • リアパッド:左右セット57,500円
    (いずれも2013年1月現在)

となっており、1台分の金額は1,110,000円になることが分かった。

油脂類

  • エンジンオイル NISMO COMPETITION OIL type2108E(0W30)
  • T/Mオイル NISMO COMPETITION OIL type2189E(75W140)
  • デフオイル NISMO COMPETITION OIL type2189E(75W140)
  • ブレーキフルード MOTUL RF660

ゴン太の余計なひとこと

Z34バージョンニスモをベースとして、ニスモ大森ファクトリーのデモカー「Clubman Race Spec」 に装着されたバーツをキット化した、「Z-Challenge フルキット」を装着した車両で、「Z-Challenge」の最上位クラスである「RS-S」クラスに参戦可能な仕様となっている。

フルキットを装着するこの展示車は冷却系だけでも「NISMO クーリングメニュー」(エンジンオイルクーラー・リアデフオイルクーラー・ パワーステアリングオイルクーラー・ラジエターのセット)504,000円、ブレーキに至ってはR35GT-R用の1,110,000円のパーツが装着されており、 アマチュアも参加できるとはいってもレースで勝てるクルマを作ろうとすると高額なチューニングが必要となってしまうことがわかる。

低予算で楽しみたい人向けには「Z-Challenge」に参戦するための必要最低限のパーツだけをキットにした「Z-Challengeセーフティキット」 も発売されており、Z34用は250,000円となっている。
キット内容は下記5点で、サーキット走行に必要な安全装備がセットとなっている。

  • NISMOレーシングハーネス(4点式)
  • レーシングハーネスアンカー
  • 消火器
  • 前・後牽引フック
  • オイルキャッチタンク

ニスモは楽しみ方や予算に応じたメニューを用意して、少しでもフェアレディZというスポーツカーを楽しむための環境を整えようと努力していることが分かった。

2013tas_z34-0005

スポンサーリンク