2013年1月11日~13日に幕張メッセで開催された「東京オートサロン2013」。
日産ブースの展示車からジューク ニスモを紹介する。

日産ジューク ニスモ 東京オートサロン

スポンサーリンク

ジューク ニスモ 東京オートサロン2013

ニスモのプレミアムブランド戦略第一号車

コンセプト

革新的なデザインが好評のジュークにニスモのDNAを取りいれたジュークニスモ。
モータースポーツからのフィードバックを取り入れたエクステリアデザイン、スポーティでありながら質感の高い乗り心地と高速安定性、そして専用のインテリアが特徴のモデルとなっている。

2011年の東京モーターショーに参考出品された「ジューク ニスモコンセプト」が好評だったことから市販化が決定し、2013年2月1日から予約受付を開始、2月19日に発売される。
ニスモのプレミアムブランド戦略から生まれる初めてのモデルとなる。

車両スペック

  • 出展車両名:JUKE NISMO
  • ベース車名:日産ジューク
  • ベースグレード:16GT FOUR Type V
  • ベース車名型式:ニッサンCBA-NF15
  • ボディカラー:ブリリアントホワイトパール(3P)<#QAB>・特別塗装色
  • メーカー希望小売価格(消費税込):2,850,750円
  • 公道走行可

エンジン

  • 型式:MR16DDT(NISMO専用)
  • 排気量:1,618cc
  • 最高出力:147(200)kw(PS)/6,000rpm
  • 最大トルク:250(25.5)N・m(kgf・m)/2,400-4,800rpm

エンジンは最高出力を10PS、最大トルクを1.0kgf・m向上させた専用チューニングが施されている。
また、CVTはマニュアルモード時の段数を6段から7段クロスレシオへと変更し、加速感を向上させている。
出力を向上させたにもかかわらず、JC08モード燃費は12.6km/lで、ベースとなった16GT FOUR Type Vと変わっていない。

外装

  • フロントコンビランプ(ダーク調)
  • LEDハイパーデイライト(車幅灯連動)
  • 専用レッド電動格納式リモカンカラードドアミラー(ドアロック連動自動格納機能付)
  • 専用エンブレム
  • 専用フロントグリル
  • 専用フロントバンパー
  • 専用リアバンパー
  • 専用サイドシルプロテクター
  • 専用オーバーフェンダー
  • 専用エキゾーストフィニッシャー
  • 専用ルーフスポイラー(ハイマウントストップランプ付)
  • ドアサッシュ(グロスブラック)

専用フロントバンパーは、スーパーGTに参戦しているGT-Rのノウハウを生かして開発し、ダウンフォースをベース車と比較しておよそ37%向上させている。

2013tas_jukenismo-0002

内装

日産ジューク ニスモ メーターパネル 東京オートサロン

  • 専用本革・アルカンターラ巻3本スポークステアリング(レッドセンターマーク、レッドステッチ付)
  • 専用レッドリング プッシュエンジンスターター
  • 専用タコメーター(nismoロゴ入り、レッド文字盤)
  • 専用フィニッシャー(センタークラスター、エアコン吹き出し口、メーター周り、シフトノブ、シフトベース周り、フロントグリル、 インテリジェントコントロールディスプレイダイヤルスイッチ、パワーウインドウ)
  • 専用スエード調シート(nismoロゴ入り、レッドステッチ付)、ルーフトリム(ブラック)
  • フロントセンターコンソール(グロスブラック)
  • NISMOフロアマット(オプション)

ステアリングが本革とアルカンターラのコンビネーションとなっているが、これは日産車としては初採用。
ステアリング上部中央にはまるでラリーカーのような赤いセンターマークが付いている。
メーターパネルは、タコメーターが専用の赤い文字盤となっている。

日産ジューク ニスモ シート 東京オートサロン

シートは、フロントだけでなくリアシートも専用スエード調素材に変更されている。
黒い素材と赤いステッチでスポーティーなイメージを演出している。

日産ジューク ニスモ リアシート 東京オートサロン

足回り

  • 225/45R18タイア
  • 専用18インチアルミホイール(18×7J)
  • 専用サスペンション

専用サスペンションはヨーロッパで開発を行い、ハンドリング・高速安定性・乗り心地のバランスを高めたという。

2013tas_jukenismo-0003

ゴン太の余計なひとこと

ジューク ニスモの価格は2,850,750円と、ベースとなったジューク16GT FOUR Type Vの2,483,250円に対して367,500円高となっている。

高いと思われるかもしれないが、実は16GT FOUR Type Vではメーカーオプションとなるキセノンヘッドランプ(ロービーム/オートレベライザー付)とSパック(運転席・助手席SRSサイドエアバッグシステム、SRSカーテンエアバッグシステム、後席アシストグリップ(左右))がジューク ニスモには標準装備されている。

367,500円の価格差からキセノンヘッドランプの価格63,000円とSパックの価格73,500円を引くと、
367,500-63,000-73,500=231,000
となり、ジューク ニスモとしての専用装備は231,000円で手に入るという計算になる。

ニスモが開発したエアロパーツ・エンジン・サスペンション・タイア・ホイール・内装が231,000円。
後付けのアフターパーツでカスタマイズをしたら、23万円ではタイアとホイールぐらいしか買えないということを考えると、本格的にカスタマイズされたクルマが欲しいという人にとって、(もちろんジュークのデザインを受け入れられるという前提付きではあるが)ジューク ニスモは買い得感のある選択肢となりうるのではないだろうか。

 2013tas_jukenismo-0009

スポンサーリンク