スカイラインの誕生60周年記念イベント「SKYLINE TIMELINE」が、東京都港区の六本木ヒルズアリーナで2017年4月21日から4月24日に開催され、歴代スカイライン12台と現行スカイライン1台の合計13台が展示された。

2017年4月24日がスカイラインの誕生60周年であることから、このイベントが開催された。

今回は展示車の中から8代目・9代目スカイラインを紹介する。

スポンサーリンク

8代目~9代目スカイライン

8代目~9代目スカイライン

8代目スカイライン GTS25 TypeX・G

走行性能の徹底的な追求からボディサイズを縮小し、若さと躍動感のある斬新なスタイリングのボディに、4輪マルチリンクサスペンションを始めとする新機軸を満載した。
16年ぶりに復活した「GT-R」はレースで再び無敵の存在となり、鮮烈な印象を残した。

8代目スカイライン8代目スカイライン

9代目スカイライン GTS25t タイプM

コンセプトは、居住性と快適性にスポーツ性を合わせ持つ「卓越した走りの本流グランドツーリングカー」。
ボディサイズは拡大したものの、軽量化や重量配分の改善も同時に施し、変化する時代をしなやかに生きるオーナー像を投影した。

9代目スカイライン
9代目スカイライン

スポンサーリンク