日産 次期スカイラインの開発を中止?

スポンサーリンク

2021年6月12日付の米経済紙ブルームバーグで、日産自動車が「スカイライン」などセダンの新型車の開発を中止すると報じられた。

スポンサーリンク

セダンからSUVやEVへ経営資源を集中

日産 スカイライン 400R

開発中止になるのは「スカイライン」「フーガ」「シーマ」で、国内ではセダンから撤退する可能性もあるとしている。
セダンの販売が落ち込んでいるため、SUVやEVに経営資源を集中する方針で、スカイラインを生産している栃木工場では新型EV「アリア」の生産を始める。

日産の広報担当者はブルームバーグの取材に対して、将来の商品計画についてはコメントを差し控えると回答している。