日産自動車は、2016年9月29日にパリモーターショーで5代目となる新型マイクラを発表した。
マイクラは日本名マーチ。

5代目マイクラはBセグメントに属し、世界最大のハッチバック市場である欧州をターゲットに開発された。

スポンサーリンク

ついに3ナンバーに

新型マイクラ

ボディは歴代のモデルと比べて、低く、幅広くなった。
ボディサイズは全長3,999㎜、全幅1,743㎜、全高1,455㎜で、現行モデルと比較して174㎜長く、77㎜幅広く、55㎜低くなった。
全幅が1,700㎜を超えたため、このボディサイズのまま日本に導入された場合3ナンバー登録となる。

デザインは2015年ジュネーブショーのコンセプトカー「スウェイ」を再現。
キャラクターラインの出発点となるVモーショングリルや、ブーメラン型ランプ、フローティングルーフがデザイン要素となっている。
また、Cピラーに隠れたリアドアハンドルや、スポイラーにまで伸びるルーフラインで、空力性能とスタイルを両立させている。

新型マイクラ

安全装備が充実しており、歩行者認識機能付き自動ブレーキや車線逸脱防止システム、標識検知機能、インテリジェントアラウンドビューモニター、ハイビームアシスト、ブラインドスポットワーニングが採用される。

エンジンはガソリン2種類とディーゼル1種類の3種類が発表されている。
ガソリンは3気筒で、0.9リッターターボ(90hp)と1.0リッター自然吸気(73hp)。
ディーゼルは4気筒1.5リッター(90hp)となる。

フランスにあるルノーのフラン工場で生産し、2017年3月に欧州で発売予定となっている。

新型マイクラ

スポンサーリンク