ハコスカGT-R 4ドアをオートモビルカウンシル 日産ブースに展示

ヘリテージカーのイベント「オートモビルカウンシル2019」が2019年4月5日から7日まで、千葉県の幕張メッセで開催された。
「クラシック ミーツ モダン」がコンセプトのこのイベントは自動車メーカーとヘリテージカー専門ショップが参加しており、今年が4回目となる。

日産ブースでは、 代表的なスポーツカー「GT-R」と「フェアレディZ」が、ともに1969年の誕生から50周年を迎えることを記念し、「GT-R & Z 50th Anniversary」という出展テーマで3台が展示された。
今回は、スカイラインGT-R(通称ハコスカGT-R)を紹介する。

スポンサーリンク

スカイライン2000GT-R 1969年JAFグランプリ優勝車仕様(1969年・PGC10型)

スカイライン2000GT-R 1969年JAFグランプリ優勝車仕様

1969年(昭和44年)2月、3代目スカイライン(C10型)に量産車としては世界初となる4バルブDOHCエンジンを搭載した「スカイライン2000GT-R(PGC10型)」が発表された。

スカイライン2000GT-R 1969年JAFグランプリ

スカイライン2000GT-Rのレースでのデビュー戦は同年5月に開催された、第1回JAFグランプリのサポートレース(メインレースはフォーミュラカーのレースだった)。
40台が参加したこのレースをトップでゴールしたのはトヨタ1600GT(26号車・高橋晴貴選手)だったが、レース後に走路妨害の判定が下されて3位に繰り下げとなり、2位でゴールしたスカイライン2000GT-R(39号車・篠原孝道選手)が判定勝ちという結果でデビューウィンとなった。
2位もスカイライン2000GT-R(36号車・ 萩原 裕選手)だった。

スカイライン2000GT-R 1969年JAFグランプリ優勝車仕様

今回の展示車は優勝車そのものではなく優勝車「仕様」、つまりレプリカである。
歴代GT-Rのカタログとミニカーも展示されていた。

歴代GT-R カタログ
ハコスカGT-R カタログ

昨年のオートモビルカウンシル2018 日産ブースは下記リンクを参照。


日産 オートモビルカウンシル2018にスカイラインGT-Rを展示
ヘリテージカーのイベント「オートモビルカウンシル2018」が2018年8月3日から5日まで、千葉県の幕張メッセで開催された。日産ブースでは、海外モータースポーツ活動60年を記念して「60years of performance」という出展テーマでコンセプトカー1台とヘリテージカー3台が展示された。今回は通称「ハコスカGT-R」と呼ばれた、スカイラインGT-Rを紹介する。

日産 オートモビルカウンシル2018にダットサン 富士号を展示
ヘリテージカーのイベント「オートモビルカウンシル2018」が2018年8月3日から5日まで、千葉県の幕張メッセで開催された。
日産ブースでは、海外モータースポーツ活動60年を記念して「60years of performance」という出展テーマでコンセプトカー1台とヘリテージカー3台が展示された。
今回は60年前に日産が初めて海外のモータースポーツに参戦した、ダットサン1000 セダン 富士号を紹介する。

スカイライン2000GT-R 1969年JAFグランプリ優勝車仕様 主要諸元

ヘリテージコレクションNo.423
全長:4,395㎜
全幅:1,610㎜
全高:1,385㎜
ホイールベース:2,640㎜
トレッド(前/後):1,370mm/1,365mm
車両重量:980㎏
サスペンション(前/後):ストラット/セミトレーリングアーム
ブレーキ(前/後):ディスク/ドラム
タイア(前/後):475-10.00-14/475-11.30-14

スカイライン2000GT-R 1969年JAFグランプリ優勝車仕様 エンジン主要諸元

エンジン型式:S20(直列6気筒・4バルブDOHC)
総排気量:1,989㏄
最高出力:154kW(210ps)/8,000rpm
最大トルク:196N・m(20.0kgf・m)/6,000rpm