日産自動車「自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」に出展

「自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」が、横浜市にあるパシフィコ横浜で2019年5月22日~24日に開催された。
日産自動車もブースを出展し、技術展示を行った。

スポンサーリンク

「自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」日産ブース

人とくるまのテクノロジー展2019 日産ブース

デイズのBR06エンジン&エクストロニックCVT

人とくるまのテクノロジー展2019 日産ブース

軽自動車用として新開発されたエンジンとトランスミッションで、新型デイズに搭載されている。
BR06型エンジンは日産・ルノーが共同開発したBR型をベースに、軽自動車専用に新規開発された。
効率向上のためにデュアルインジェクター燃料噴射やクールドEGRなどの技術を投入し、新S-HYBRIDを組み合わせることで、動力性能と低燃費を両立。
エクストロニックCVTは、軽自動車専用設計とすることで小型軽量化しながら、軽自動車トップレベルの変速比幅を達成し、低燃費に貢献。

人とくるまのテクノロジー展2019 日産ブース

「VCターボ」エンジン

人とくるまのテクノロジー展2019 日産ブース

「VCターボ」エンジンは、熱効率を決めるポイントとなる圧縮比を連続的に可変させることで、環境性能と動力性能を両立させた、世界初の量産可変圧縮比エンジン。
VCターボの特徴である、コンロッドとクランクシャフト接合部のマルチリンク機構が見えるカットモデルが展示された。

人とくるまのテクノロジー展2019 日産ブース

新開発 リチウムイオンバッテリー

人とくるまのテクノロジー展2019 日産ブース

リチウムイオンバッテリーは軽量・コンパクトでありながら大容量であることを特徴としている。
リーフe+の62kwhバッテリーではハーネスの基盤化とセルの接合にレーザー溶接を採用したことで、モジュールをコンパクト化。
室内空間を変えずにセル数を従来の192セルから288セルへと1.5倍へ拡大して航続距離を向上した。

リーフe+のパワートレインの記事は下記リンクから。

日産 リーフe+のパワートレインを展示
日産の電気自動車「リーフ」にバッテリー容量を拡大した「リーフe+(イープラス)」が追加され、2019年1月9日に発表、1月23日に発売された。日産グローバル本社ギャラリーでは、リーフe+に搭載されているパワートレインも展示されている。