日産自動車とニスモは、2017年2月17日に2017年のモータースポーツ活動を発表した。

国内のスーパーGTやスーパー耐久の他、デイトナ・プロトタイプ・インターナショナルやプライベーター向けのエンジン供給などを行う。

スポンサーリンク

日産・ニスモ 2017年モータースポーツ活動

SUPER GT GT500クラス

ベースとなるNissan GT-R NISMO(2017年モデル)の特徴的なデザインを取り込み、新規に開発した4台のNissan GT-R NISMO GT500で参戦し、SUPER GT GT500クラスのタイトル奪還を目指す。

2017Nissan GT-R NISMO GT500

ドライバーラインナップは、NISMOの23号車は昨年と同じ松田次生/ロニー・クインタレッリ組を継続。
TEAM IMPULの12号車は安田裕信のパートナーがGT300からステップアップしたヤン・マーデンボローとなる。
KONDO Racingの24号車は佐々木大樹のパートナーが7年ぶりにチームに復帰したJ.P.オリベイラとなる。
MOLAの46号車は昨年と同じ本山哲/千代勝正。

SUPER GT GT500クラス

3号車は若手ドライバーの育成に主眼を置いたNDDP Racingがエントリーし、高星明誠を起用する。
高星の指導役として星野一樹がペアを組んで参戦。

カスタマーレーシングGT3 プログラム

2012年に販売を開始したNissan GT-R NISMO GT3は、これまで33台を販売し、日本、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、中国でレースに参戦してきた。
ニスモは、2017年も引き続きNissan GT-R NISMO GT3のカスタマーへ車両供給及び技術支援を行う。

ブランパンGTシリーズ エンデュランスカップ

Team RJN NISSANがNissan GT-R NISMO GT3で参戦する。
ドライバーは千代勝正/アレックス・バンコム/ルーカス・オルドネス。

スーパー耐久シリーズ ST-Xクラス

KONDO Racingは、2016年にシリーズチャンピオンを獲得したスリーボンド日産自動車大学校GT-Rで2連覇を目指して今年もST-Xクラスに参戦する。
ドライバーの一人には藤井誠暢が決定している。

IMSA デイトナ・プロトタイプ・インターナショナル(DPi) へのエンジン供給

日産/ニスモは、新たにDPi車両向けのGT-R GT3仕様をベースとしたVR38エンジンを、米国フロリダを本拠地とするエクストリーム・スピード・モータースポーツ(ESM)に供給し、技術支援を行う。
ESMは、2017 IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に2台で参戦する。

2017NISMO_IMSA_DPi_engine

FIA 世界耐久選手権(WEC) LM P1クラスへのエンジン供給

V6ターボ3.0リッターエンジン(VRX30A evo.)を新たにドイツをベースとするプライベートチームのバイコレスレーシングチームに供給し、技術支援を行う。

FIA 世界耐久選手権(WEC) LM P3クラスへのエンジン供給

ヨーロピアン・ル・マン・シリーズやミシュラン・ル・マン・カップ、アジアン・ル・マン・シリーズ等に参戦するチームに、3年間で111基供給した実績のあるVK50エンジンを供給し、さらに技術支援を行う。

2017NISMO_LMP3_engine

ドライバー育成

若手ドライバーのレース参戦を引き続き支援する。
高星明誠の全日本F3選手権への参戦を支援。
また、高星のエグゼクティブアドバイザーとして本山哲がチームに加わる。

オーストラリアスーパーカーズ選手権

アルティマでオーストラリアのスーパーカーズ選手権に継続参戦。
ドライバーは、リック・ケリー、トッド・ケリー、マイケル・カルーソに加え、新たにシモーナ・デ・シルベストロが参戦する。

2017NISMO_AUS_Supercars

スポンサーリンク