v37スカイライン ハイブリッド

V37スカイラインに用意される10種類の内装のうち5種類が、日産ギャラリーで2013年11月12日から12月1日まで開催されている展示イベントで展示されたので、5回連続で紹介する。

4回目はシート素材がソフトジャカード織物とネオソフィールを組み合わせたコンビシートで、内装色はベージュ。
撮影した展示車は「スカイライン 350GT ハイブリッド」。

スポンサーリンク

ベージュとブラックの2色を用意

3種類あるうちの上から3番目のグレードである「350GT ハイブリッド」の内装。
フィニッシャーは標準装備のガンメタリックとなっており、新型スカイラインで最もベーシックな内装となる。

内装色はブラックとベージュの2色が選択でき、写真は日産銀座ギャラリーに展示されたベージュ内装だが、日産グローバル本社ギャラリーにはブラック内装が展示された。

ドアトリム

v37スカイライン ベージュ内装

インストルメントパネル

v37スカイライン ベージュ内装 インパネ

シート

シート素材はこのグレードのみソフトジャカード織物と「ネオソフィール」を組み合わせたコンビシートとなる。
「ネオソフィール」とはセーレン株式会社が開発した人工皮革の商品名。

v37スカイライン ベージュ内装 ネオソフィール

スポンサーリンク