2014年3月31日、日産銀座ギャラリーが営業を終了し、4月1日から一時休館となった。
ビルの建て替えに伴うもので、2016年にリニューアルオープンの予定。

最終日となる3月31日の営業終了直前には、日産PRスペシャリスト(ミス・フェアレディ)による挨拶が行われたのだが…

スポンサーリンク

日産銀座ギャラリーに行列出来ず

パーティション

当日は先着1,000名にミニカーが配布された。
ミニカーはトミカで、ノート・リーフ・エルグランドの3種から選ぶことができた。
銀座ギャラリー入口には行列ができた時に備えてパーティションが準備されていたが、行列は出来なかった。

日産銀座ギャラリー最終日

最終日の展示内容は3月17日から行われた展示と変わらなかった。

日産銀座ギャラリー一時休館の挨拶

日産銀座ギャラリー一時休館の挨拶

19時50分ごろ日産PRスペシャリスト(ミス・フェアレディ)が一列に並んで一時休館の挨拶。

皆様、本日は日産銀座ギャラリーにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

私たち日産自動車は1963年、自動車業界で初めて銀座の中心である4丁目交差点角、現在のギャラリーの向かい側にある三愛ドリームセンタービル2階に日産ギャラリーをオープン致しました。

1970年には現在の場所にあるサッポロ銀座ビルへ移転。
2001年のリニューアルを経て、現在に至っています。

日産銀座ギャラリーはオープン以来数々の新型車展示とイベントを開催し、数多くのお客様にご来場いただきました。

今回、サッポロ銀座ビル再開発に伴い、日産銀座ギャラリーも明日4月1日火曜日よりリニューアル準備期間として一時休館させていただくこととなりました。

日産銀座ギャラリーは2016年初夏の新しいビル開発に伴いまして、グローバルな情報発信センターとして新しく生まれ変わります。
皆さまとはしばらくの間、ここ銀座ではお別れとなりますが、今後とも日産および日産車をご愛顧いただきますよう、そしてこれからの日産にご期待いただきますようお願い申し上げます。

また横浜みなとみらいにございます日産グローバル本社ギャラリーでは、多彩なコンテンツをご用意して皆様のご来場をお待ちしております。
ぜひグローバル本社ギャラリーへも足をお運びいただけますようお願い申し上げます。

本日は誠にありがとうございました。

整列した日産PRスペシャリスト(ミス・フェアレディ)の正面、最も撮影に適した場所で数人の女性来場者がカメラで撮影をしていたが、実はその人たちも日産PRスペシャリスト。
この日休日だったメンバーが遊びに来ていたようだ。

実はこの時、ギャラリー内にいたのはスタッフや関係者を含めても30~40人ほどで、明らかにスタッフや関係者と分かる人が半分近くを占めている状況。
一般来場者はまるで身内のパーティを見学しているような感じだった。

入口に整列して来場者を送り出す

お見送り
日産銀座ギャラリーお見送り

そして一時休館

日産銀座ギャラリー一時休館

すべての来場者を送り出した後、スタッフが自動ドアを手動で閉めて営業終了。

寂しい終わり方

このように日産銀座ギャラリーは行列もなく来場者も少ない状況で一時休館を迎えた。
長年にわたってたくさんの人々が立ち寄った、銀座のランドマーク的存在と言われる割りには寂しい終わり方。
どうやら日産銀座ギャラリーは、日産が考えているほどには人々から愛されていなかったということのようだ。

スポンサーリンク