日産セレナが2016年8月24日に5代目・C27型にモデルチェンジし、発売された。
日産グローバル本社ギャラリーでは、新型セレナ展示イベントを2016年8月24日から11月1日まで開催している。

新型セレナの最も大きな特徴が、日本初(ミニバンでは世界初)となる同一車線自動運転「プロパイロット」である。

スポンサーリンク

セレナのプロパイロット

セレナ プロパイロット

プロパイロットは高速道路でドライバーの負担となる長時間の巡航とダラダラした渋滞走行で、アクセル・ブレーキ・ステアリングを自動制御する。

制御は0-100km/hの範囲で行われる。
前にクルマがいない場合は設定したスピードを維持し、設定車速(30-100km/h)で走行する。

前にクルマがいる場合は、追従・停止・停止保持が行われる。
設定した車速(30-100km/h)を上限に車間距離を保つように制御が行われる。

そして両側に白線がある場合にステアリングホイール制御が行われ、車線中央付近を走行するようにステアリングが制御される。
なお、50km/h以下で先行車がいない場合はステアリング制御は行われない。

プロパイロットの操作ボタンは、ステアリングホイールの右手親指が届く所にまとめられている。

セレナ プロパイロット

「PILOT」ボタンを押すとシステムが待機状態となる。
そして「SET-」ボタンを押すとプロパイロットが作動する。
ブレーキペダルを踏むとプロパイロットは解除され、待機状態に戻る。

注意しなければいけない点は、プロパイロットは完全な自動運転ではなく、あくまで運転支援システムである。
そのため、5秒以上ステアリングホイールから手を離すと警報音が鳴るようになっている。

スポンサーリンク