日産の電気自動車「リーフ」が初のフルモデルチェンジを受けて2代目・ZE1型となり、2017年9月6日に発表された。

横浜市の日産グローバル本社ギャラリーでは2017年9月6日から11月12日まで新型リーフ展示イベントが開催されており、9月6日・7日にはルネッサEVも展示された。

スポンサーリンク

ルネッサ EV(1998年・EVN30型)

ルネッサEV

1947年(昭和22年)のたま電気自動車以来日産は電気自動車の開発を続けて、1991年(平成3年)にはセドリックEV、1994年(平成6年)にはアベニールEVを法人向けに販売。
1996年(平成8年)にはプレーリージョイEVで世界初のリチウムイオン電池を搭載するなど、先進的な試みを続けた。

ルネッサEV

ルネッサEVは、ミニバンの「ルネッサ」をベースとした電気自動車。
フラットフロア、EV専用デジタルメーター、リチウムイオン電池、ネオジム磁石同期モーターなど、後の初代リーフ(ZE0型)につながる技術が搭載されていた。

ルネッサEV

ルネッサEV 主要諸元

ヘリテージコレクションNo.451
全長:4,770㎜
全幅:1,765㎜
全高:1,680㎜
ホイールベース:2,800㎜
トレッド(前/後):1,535mm/1,520mm
車両重量:1,730㎏
サスペンション(前/後):ストラット/トーションビーム式トレーリングアーム
ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドディスク/ドラム
タイア:205/65R15 94S

ルネッサEV モーター主要諸元

モーター型式:EM18 ネオジム磁石同期モーター
バッテリー:リチウムイオン電池

スポンサーリンク