201302ghq_newmobilityconcept-002

日産が実証実験を始めた超小型車「New Mobility CONCEPT(ニュー モビリティー コンセプト)」。
実はこのクルマ、日産のエンブレムが付いていますが開発したのはルノーなんです。

スポンサーリンク

実はルノーが開発しました。超小型車「New Mobility CONCEPT」

ルノーが開発、ヨーロッパでは発売済み

日産が実証実験を始めた超小型車「New Mobility CONCEPT(ニュー モビリティー コンセプト)」。
実はこのクルマ、日産のエンブレムが付いていますが開発したのはルノーなんです。

近づいて見ると、フロントガラスやシートベルトのタグなどにルノーのロゴが入っていることが分かります。

New Mobility CONCEPTのフロントガラスにはルノーのロゴが入っています

New Mobility CONCEPTのフロントガラス

New Mobility CONCEPTのシートベルトにもルノーのロゴが入っています

New Mobility CONCEPTのシートベルト

日産「New Mobility CONCEPT」は、ルノーが開発した2人乗り電気自動車「Twizy(トゥイジー)」をベースにしています。
トゥイジーは2009年にコンセプトモデルが発表され、2012年3月からフランス、イギリス、イタリアなど ヨーロッパ11ヶ国で発売されています。

若者向けに作りました

超小型車は高齢者のための移動手段と考えられがちですが、トゥイジーを開発したルノーのクリストフ・アンブロッギさんは都会の若者をターゲットとして開発したと述べています。

住むのも働くのも都市の中心部という若者向けに開発したものが、日本では交通の便が悪い地域での移動手段への ニーズが高いことから、高齢者向けというイメージになってしまったのだそうです。

交通量の多い都市部で場所を取らないようにするために、シートを前後に配置するタンデムタイプになっています。

New Mobility CONCEPTのシートは前後に座るタンデムシートになっています

New Mobility CONCEPTのシート

パリは昔の狭い道が残る一方で東京以上に渋滞が激しく、車両の幅を狭くする必要があったということで、トゥイジーが都市の交通問題を少しでも改善するためのソリューションとして考えられたということが分かります。

ボディサイズが小さいと衝突した時の安全性が心配ですが、日本やアメリカの安全基準より厳しいヨーロッパの衝突テスト「ユーロNCAP」で乗員保護・児童保護・歩行者保護に問題がないと認められています。
走行安定性についても、2輪車では安定感がなく危険だからという理由で4輪の超小型車が生まれたという経緯があるため、トゥイジーの4隅にタイアを配置したレイアウトは安心ですね。

(2013年2月撮影)

スポンサーリンク