日産グローバル本社ギャラリーでは、2016年1月13日から2月29日まで、映画「さらばあぶない刑事」の劇用車を展示するイベントが開催されており、金色の2代目レパードが展示されている。

「さらばあぶない刑事」の劇用車展示イベントはこちら

スポンサーリンク

レパード アルティマ(1987年・UF31型)

レパード アルティマ

1986年(昭和61年)にモデルチェンジした2代目レパードは、R31型スカイラインのプラットフォームをベースとした2ドアハードトップ。

レパード アルティマ

エンジンはV型6気筒のみで、前期型はVG20E型・VG20ET型・VG30DE型が搭載された。

レパード アルティマ

展示車はVG30DE型搭載の前期型トップグレード「アルティマ」で、ボディカラーを含めて1986年放送開始のドラマ「あぶない刑事」の劇用車と同じ仕様。

レパード アルティマ

派手なカーアクションが特徴のあぶない刑事。
数台のレパードを使い分けていたと思われがちだが、実は撮影は基本的に1台のみで行われていた。

しかし、劇場版2作目の「またまたあぶない刑事」では、銃撃シーン撮影のため2台のレパードを使用。
そのうちの1台である銃弾を浴びた車両は、ダークブルーのレパードをゴールドに塗り替えて使われた。
銃撃シーン撮影で穴だらけになったレパードは撮影後修理され、色をダークブルーに戻した元の姿で日産自動車に返却された。

ヘリテージコレクションNo.437
全長:4,680mm
全幅:1,690㎜
全高:1,370㎜
ホイールベース:2,615㎜
車両重量:1,460㎏
サスペンション(前/後):ストラット/セミトレーリングアーム
ブレーキ(前後共):ベンチレーテッドディスク
タイア(前後共):215-60R15

エンジン主要諸元

エンジン型式:VG30DE(V型6気筒・DOHC)
総排気量:2,960㏄
最高出力:136kW(185ps)/6,000rpm
最大トルク:245N・m(25.0kgm)/4,400rpm

スポンサーリンク