日産 リーフe+を日産グローバル本社ギャラリーに展示

この記事は約3分で読めます。

日産の電気自動車「リーフ」にバッテリー容量を拡大した「リーフe+(イープラス)」が追加され、2019年1月9日に発表、1月23日に発売された。
リーフe+では、新しいパワートレインの採用で航続距離とパフォーマンスを向上させている。

スポンサーリンク

日産 リーフe+ G(ZE1型)

リーフeプラス

外観は、e+専用外装としてフロントバンパー下部にブルーのラインが追加された。
バッテリーの容量拡大でバッテリーの厚みが増したため、最低地上高は15㎜低い135㎜となった。
「リーフe+」には「X」「G」の2グレードが用意されるが、車両重量は「リーフ」の同じグレードと比較して160㎏増となっている。

充電用コネクターのキャップには、「e+」のロゴマークが付けられている。

日産 リーフeプラス

従来の「リーフ」のバッテリー容量は40kwhだが、「リーフe+」では62kwhへと拡大。
航続距離が「リーフ」の322km(WLTCモード)・400km(JC08モード)から「リーフe+」ではおよそ40%長い458km(WLTCモード)・570km(JC08モード)に向上した。
展示車のバッテリー残量計には、残り93%で走行可能距離427㎞と表示されていた。

リーフeプラス

日産によると、調査の結果99%のユーザーが1日の走行距離が370㎞以下だったため、航続距離458㎞のリーフe+ではほぼすべてのユーザーは1日1回の充電で済むとしている。
バッテリーの保証は「リーフ」と同様にバッテリー容量について8年・160,000km保証となっている。

「リーフe+」のモーターは、型式名こそ「リーフ」と同じEM57型だが、最高出力160kW・最大トルク340N・mに増強され、高速走行時の加速性能を大きく向上させている。
80km/hから100km/hへの加速時間はおよそ15%短縮、最高速度もおよそ10%向上したという。
「リーフ」と「リーフe+」の最高出力・最大トルクは下記の通り。
「リーフ」最高出力110kW(150ps)/3,283~9,795rpm、最大トルク320N・m(32.6kgf・m)/0~3,283rpm
「リーフe+」最高出力160kW(218ps)/4,600~5,800rpm、最大トルク340N・m(34.7kgf・m)/500~4,000rpm

リーフeプラス em57型モーター

「リーフe+」発売と同時に、従来からある「リーフ」には踏み間違い衝突防止アシストとLEDヘッドランプを全車標準装備とした他、「G」と「X」のナビをAndroid Autoにも対応させ、「X」には16インチアルミホイールを標準装備する仕様向上が行われた。

メーカー希望小売価格:4,729,320円

メーカーオプション

特別塗装色(ラディアントレッド/スーパーブラック 2トーン)(#XAV):54,000円
寒冷地仕様+後席クッションヒーター+後席ヒーター吹き出し口+不凍液濃度アップ(50%):27,000円

ディーラーオプション

デュアルカーペット(フロアカーペット「消臭機能付」ブラック+ラバーマット、寒冷地車用):33,800円

オプション込み合計価格(消費税込み):4,844,120円