日産ジューク アーバンセレクション

マイナーチェンジした日産ジュークには、日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンによる特別仕様車「アーバンセレクション」が引き続き設定される。

スポンサーリンク

立体駐車場に入れます。ジューク アーバンセレクション

ローダウンで立駐OK

日産ジューク アーバンセレクション リヤビュー

日産ジュークのアーバンセレクションが日産グローバル本社ギャラリーに展示されている。
アーバンセレクションはジュークのマイナーチェンジ前から設定されており、日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンがカスタマイズした、都市生活者の行動範囲を広げるというコンセプトの特別仕様車。

アーバンセレクションの最大の特徴は、車高を低くした専用ローダウンサスペンションを装備すること。
15RX TypeVに比べ15㎜低い全高1550㎜としたことで、クイックなハンドリングを手に入れただけでなく、立体駐車場への入庫も可能となった。
カタログで「立駐OK」とアピールしていることから、ローダウンの最大の目的は都市型SUVが避けては通れない立体駐車場への対応にあるようだ。

アーバンセレクションを1機種へ集約

日産ジューク アーバンセレクション リヤ

ジューク アーバンセレクションは、マイナーチェンジ前は特別装備の違いで3機種がラインナップされていた。
1.ガンメタリックのフロントグリルと光輝バックドアモールを装備した「アーバンセレクション」(2011年5月発売)
2.ホワイトのセンターコンソールとブラックの本革シートを装備した特別仕様車「プレミアムホワイトパッケージ」をベースにアーバンセレクションの装備をプラスした「アーバンセレクション プレミアムホワイトパッケージ」(2012年6月発売)
3.フロントグリル・アルミホイール・バックドアモールをクールブラックとした「アーバンセレクション スタイリッシュブラックパッケージ」(2012年10月発売)の3機種だ。

今回のマイナーチェンジでアーバンセレクションは1機種となり、従来の「アーバンセレクション スタイリッシュブラックパッケージ」が「アーバンセレクション」として発売されることとなった。
なお、「アーバンセレクション プレミアムホワイトパッケージ」のベースとなっていた特別仕様車「プレミアムホワイトパッケージ」は、今回のマイナーチェンジに伴い廃止された。

スポンサーリンク