日産グローバル本社ギャラリーでは、2014年7月23日から9月11日までの予定で、GT-R NISMO ニスモNアタックパッケージ装着車を展示している。

ニスモNアタックパッケージ(NISMO N Attack Package)は2013年9月30日に7分8秒679のラップタイムを記録した際に装着されていた専用パーツをパッケージ化したもので、GT-R NISMOに装着可能となっている。

スポンサーリンク

2種類のキットを用意

GT-R NISMO ニスモNアタックパッケージ装着車

ニスモNアタックパッケージにはAキットとBキットの2種類が用意され、オーナーの好みによって選択できる。

Aキットは7分8秒679を記録したニュルブルクリンクのタイムアタック仕様と同様の仕様となるフルパッケージ。
2シーター化によって構造変更が必要となる。

BキットはAキットをベースに公道での使い勝手を考慮したパッケージで、4シーターのままとなる。

ニスモNアタックパッケージの構成部品と変更部位はキットによって異なる。

エンジンとパワートレインの変更部位はAキットがカーボン製インタークーラーパイピング、フロントLSD、リアカーボンLSD、ECM、TCM。
BキットはECMとTCMのみ変更される。

足回りとブレーキは両キット共通で、オーリンズ製4WAYショックアブソーバーとスプリング、ロール剛性可変式スタビライザー、摩擦材を変更したフロントブレーキパッドに変更。

エクステリアも両キット共通となり、フリック付のドライカーボン製フロントフェンダー、ゴム製フロントアドオンスポイラー、高さと角度を調節できるカーボンリアウイングが装備。

GT-R NISMO ニスモNアタックパッケージ装着車

インテリアはキットにより内容が異なる。
Aキットは運転席・助手席ともにレカロ製カーボンフルバケットシート、2シーター化によりリアシートがあった場所にキルティングクロスマット、そして車内とトランクルームの隔壁(バルクヘッド)がドライカーボン製となる。
Bキットは運転席のレカロ製カーボンフルバケットシートのオプション設定のみとなる。

オプション装備についてはカーボン製フードガーニーと6点式シートベルトが両キットに設定されている。
なお、この2点のオプションはサーキット走行用のオプションとなり、保安基準に適合しないため公道走行時に装着することはできない。

キットの価格は部品代・工賃・塗装費合わせてAキットが820万円、Bキットが420万円となっている。
展示車はAキットとオプションのフードガーニーが装着されているため、GT-R NISMOの車両本体価格1544万4000円とAキットの820万円、それにオプション8万円を合わせて2372万4000円となる。

GT-R NISMO ニスモNアタックパッケージ装着車

スポンサーリンク