日産 海外販売車3車種を展示

スポンサーリンク

日産グローバル本社ギャラリーでは2021年(令和3年)12月2日から27日まで、電動化をテーマにした展示イベント「Nissan Futures」が開催された。

展示は現在・過去・未来の3つのゾーンに分かれており、電動化の現在をテーマにした「Present Zone(現在ゾーン)」では、海外で販売されている車種が3台展示された。

スポンサーリンク

「Nissan Futures」のPresent Zone(現在ゾーン)

キャシュカイ(欧州仕様)

日産キャシュカイ(欧州仕様)

ガソリン車とe-POWERの2種類のパワートレインが用意され、e-POWERには世界初の可変圧縮比エンジン「VCターボ」が採用される。
今回の展示車はガソリン車。

日産キャシュカイ(欧州仕様)のリヤビュー

日産キャシュカイ(欧州仕様)のエンブレム

日産キャシュカイ(欧州仕様)

e-POWERシルフィ(中国仕様)

e-POWERシルフィ(中国仕様)

日産は中国で2025年までにe-POWERを搭載した6モデルの投入を計画している。
シルフィはその第一弾となるモデル。

e-POWERシルフィ(中国仕様)

e-POWERシルフィ(中国仕様)のリヤビュー

e-POWERシルフィ(中国仕様)のエンブレム

X-TRAIL(中国仕様)

X-TRAIL(中国仕様)

シルフィ同様に、中国でのe-POWER搭載モデルの一つとなっているのがX-TRAIL。
今回の展示車はガソリン車で、エンジンはVCターボを搭載している。

X-TRAIL(中国仕様)のリヤビュー

X-TRAIL(中国仕様)

「Future Zone(未来ゾーン)」は下記リンクを参照。

日産 電動化の未来を展示
日産グローバル本社ギャラリーでは2021年(令和3年)12月2日から27日まで、電動化をテーマにした展示イベント「Nissan Futures」が開催された。展示は過去・現在・未来の3つのゾーンに分かれており、今回は電動化の未来をテーマにした「Future Zone(未来ゾーン)」を紹介する。
タイトルとURLをコピーしました