横浜市の日産グローバル本社ギャラリーでは、商用車の展示イベント「暮らしを支え続ける日産のクルマたち」が2017年6月14日から8月31日まで開催されている。
2017年7月13日から8月15日までは、キャラバンの救急車が展示されている。

スポンサーリンク

キャラバン 救急車 ハイパーパック(1993年・E24型)

キャラバン 救急車

初代キャラバン(E20型)と2代目キャラバン(E23型)では受注生産だった救急車が、1986年(昭和61年)発売の3代目キャラバン(E24型)からは救急車専用のカタログが作られ、オプションも設定されるようになった。

キャラバン 救急車

展示車は東京ディズニーランドを運営する株式会社オリエンタルランドが所有していた個体で、3リッターV型6気筒ガソリンエンジンを搭載し、エクスチェンジストレッチャー(移動ベッド)、エアロソニック型散光式警光灯を装備した「ハイパーパック仕様」である。

キャラバン 救急車
キャラバン 救急車

キャラバン 救急車 主要諸元

ヘリテージコレクションNo.363
全長:5,130㎜
全幅:1,690㎜
全高:2,470㎜
ホイールベース:2,645㎜
トレッド(前/後):1,450mm/1,415mm
車両重量:1,950㎏
サスペンション(前/後):ダブルウィッシュボーン/リーフリジッド
ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドディスク/ドラム
タイア:195-R15-6PRLT

キャラバン 救急車 エンジン主要諸元

エンジン型式:VG30E(V型6気筒・OHC)
総排気量:2,960㏄
最高出力:114kW(155ps)/5,200rpm
最大トルク:245N・m(25.0kgm)/3,200rpm

スポンサーリンク