日産の電気自動車としては初の商用車「e-NV200」の展示イベントが、日産グローバル本社ギャラリーで2014年10月30日から12月1日まで開催されている。

スポンサーリンク

e-NV200展示イベント

e-NV200展示イベント

メインステージ上にはカメラマンの写真撮影、フロアではキャンプや移動カフェを模したセットが組まれ、e-NV200に装備された1500Wのコンセント「パワープラグ」で電気自動車のリチウムイオンバッテリーを外部電源として使えることをアピールする展示が行われている。

e-NV200展示イベント
e-NV200展示イベント

パワープラグはインストルメントパネルと助手席下の2か所に設置されており、最大負荷1500W、1000Wで8時間の電源供給が可能。
ビジネスだけでなく災害時の電源としても活用できる。

e-NV200展示イベント

基本的にリーフと同様のパワートレインにはEM57型モーターを搭載。
定格出力70kW、最高出力80kW(109ps)/3,008~10,000rpm、最大トルク254N・m(25.9kgfm)/0~3,008rpmを発生する。
床下に搭載されるリチウムイオン電池は総電圧360V、総電力量24kWh。

e-NV200展示イベント

e-NV200の航続距離は乗車定員によって異なる。
JC08モードでバン・2人乗りが190km、バン・5人乗りが188㎞、ワゴン・5人乗りが188㎞、ワゴン・7人乗りが185㎞となる。

スポンサーリンク