日産 初代ブルーバードファンシーデラックスを展示

スポンサーリンク

日産グローバル本社ギャラリーの「ヘリテージゾーン」では、2021年(令和3年)3月13日から6月23日まで戦後の日産乗用車の進化をテーマにした展示が行われ、「ブルーバード」の初代モデルが展示された。

スポンサーリンク

ダットサンブルーバード 1200ファンシーデラックス(1963年:DP312型)

ダットサンブルーバード 1200ファンシーデラックス(1963年:DP312型)

初代ブルーバードは、1959年(昭和34年)8月に発売された。
翌1960年10月のマイナーチェンジで型式が311型になり、1961年(昭和36年)2月には女性向けの特別仕様車「ファンシーデラックス」が追加された。

ダットサンブルーバード 1200ファンシーデラックスのリヤビュー

ファンシーデラックスは専用装備として、ボディ同色ホイールや助手席サンバイザー内蔵ポーチ、一輪挿しなど30点以上のアイテムが追加されていた。

ダットサンブルーバード 1200ファンシーデラックスの内装

前モデルであるダットサンセダンは下記リンクから。

日産 ダットサン セダンを展示
日産グローバル本社ギャラリーの「ヘリテージゾーン」では、2021年(令和3年)3月13日から6月23日まで戦後の日産乗用車の進化をテーマにした展示が行われ、1955年式のダットサン セダンが展示された。

ダットサンブルーバード 1200ファンシーデラックス 主要諸元

ヘリテージコレクションNo.158
全長:3,915㎜
全幅:1,496㎜
全高:1,470㎜
ホイールベース:2,280㎜
トレッド(前/後):1,209㎜/1,194㎜
車両重量:900㎏
サスペンション(前/後):ダブルウィッシュボーン/縦置リーフ
ブレーキ(前/後):ドラム/ドラム
タイア:5.60-13-4PR

ダットサンブルーバード 1200ファンシーデラックス エンジン主要諸元

エンジン型式:E1型(直列4気筒・OHV)
総排気量:1,189㏄
最高出力:40.4kW(55ps)/4,800rpm
最大トルク:87N・m(8.8kgf・m)/3,600rpm