GT-R 50th Anniversaryを展示

この記事は約2分で読めます。

日産GT-Rの2020年モデルが2019年4月17日に発表された。
同時に、GT-R誕生50周年記念車「GT-R 50th Anniversary」が発表され、4月17日から5月17日まで日産クロッシングに展示された。
「GT-R 50th Anniversary」は2019年6月から2020年3月末までの期間限定モデルとして発売予定となっている。

スポンサーリンク

GT-R 50th Anniversaryの外観

NISSAN GT-R 50th Anniversary

2020年モデルの「GT-R Premium edition」をベースに、日本グランプリの初代GT-Rレーシングカーをモチーフとしたカラーリングを施した。
新色のワンガンブルーとホワイトステッカーの組み合わせの他、ブリリアントホワイトパールとレッドステッカー、アルティメイトメタルシルバーとホワイトステッカーの3色が設定される。

GT-R 50th Anniversary

2020年モデルでは、アルミホイールのデザインが変更された。
「GT-R 50th Anniversary」でボディカラーがワンガンブルーの場合は、アルミホイールのスポークもブルーとなる。

GT-R 50th ホイール

リアには「50th Anniversary」のステッカーとエンブレムが装着される。

GT-R 50th Anniversary エンブレム
GT-R 50th Anniversary

スポンサーリンク

GT-R 50th Anniversaryの内装

内装色は、「GT-R 50th Anniversary」専用のミディアムグレーとなる。
シート素材はベースとなった「GT-R Premium edition」同様にセミアニリンレザーで、シートサイドには明るいグレーを配色している。

日産 GT-R ミディアムグレー内装
GT-R 50th 内装

リアシートもミディアムグレーとなっている。

GT-R 50th Anniversary リアシート

ピラーとルーフトリムの素材には「GT-R NISMO」と同様に黒いアルカンターラが使用されており、ルーフは「50th Anniversary」専用の刺しゅう入りとなっている。

GT-R 内装 アルカンターラ

タコメーターとキッキングプレートには「50th」のロゴが入っている。

GT-R 50th Anniversary メーター
GT-R 50th Anniversary

センターコンソールにも、「50th Anniversary」のエンブレムが装着されている。

GT-R 50th Anniversary エンブレム

スポンサーリンク

GT-R 50th Anniversaryの価格

「GT-R 50th Anniversary」は2019年6月から2020年3月末までの期間限定モデルとして発売予定となっている。
価格は
・ワンガンブルー:13,516,200円
・アルティメイトメタルシルバー:13,473,000円
・ブリリアントホワイトパール:13,192,200円

同時に発表された、「フェアレディZ 50th Anniversary」の記事は下記リンクから。

日産 フェアレディZ 50th Anniversaryを展示
2019年4月17日、フェアレディZの50周年を記念して「フェアレディZ 50th Anniversary」が発表された。今年の夏に発売が予定されており、2020年3月までの期間限定で販売される。日産クロッシングでは4月17日から27日まで展示が行われた。