GT-R NISMO 2020年モデルを日産クロッシングに展示

この記事は約2分で読めます。

GT-R NISMO 2020年モデルが、東京・銀座の日産クロッシングで2019年4月17日から4月27日まで展示された。
2019年7月に受注を開始し、10月に発売される予定となっている。

スポンサーリンク

GT-R NISMO 2020年モデル

GT-R NISMO 2020年モデル

前後のバンパー、トランクリッド、リヤウイングは従来からカーボン製だったが、2020年モデルでは新たにボンネットフード、フロントフェンダー、ルーフもカーボン製として、およそ10.5㎏の軽量化が行われた。
車両の重心点から離れた場所の部品を軽量化することで、コーナリング時の性能を高めている。

GT-R NISMO 2020年モデル カーボン製ルーフ

フロントフェンダーに追加されたエアダクトは、エンジンルームの熱を排出することで冷却だけでなく、排出された風によってフェンダー表面の空気の流速を下げてフロントのダウンフォースを向上させる効果があるという。

GT-R NISMO 2020年モデル カーボン製フロントフェンダー

ブレーキローターはカーボンセラミック製で、キャリパーとパッドも新開発された。
R35GT-Rのブレーキローターの素材にカーボンセラミックが採用されたのは、2009年モデル~2011年モデルで設定されていた「GT-R Spec.V」以来となる。

レイズ製20インチ鍛造アルミホイールは、デザインが従来の6本スポークから9本スポークに変更された。
タイヤサイズはフロント255/40ZRF20(101Y)、リヤ285/35ZRF20(104Y)。

GT-R NISMO 2020年モデル ホイール

マフラーは従来からチタン製だったが、2020年モデルではフィニッシャーもチタン製となった。

GT-R NISMO 2020年モデル チタンマフラー

新たに追加されたカーボン製ボディパネル(ボンネット・フロントフェンダー・ルーフ)とカーボンセラミック製ブレーキ、改良されたレカロのカーボン製バケットシートの合計でおよそ30kgの軽量化が図られている。

GT-R NISMO 2020年モデル

スポンサーリンク

GT-R NISMO 2020年モデルの変更点

新規に追加、または変更された装備は下記の通り。
・カーボンルーフ
・カーボンフード(NACAダクト付)
・カーボンフロントフェンダー(エアアウトレット付)
・NISMO専用GT3タービン(IHI製高効率、大容量ターボ)
・カーボンセラミックブレーキ(NCCB:Nissan Carbon Ceramic Brake)
・レイズ製20インチアルミ鍛造ホイール
・新開発サスペンション/ハイグリップタイヤ
・RECARO製カーボンバックバケットシート(専用設計)

従来型のGT-R NISMO 2018年モデルの記事は下記リンクから。

日産 GT-R NISMOを日産クロッシングで展示
東京・銀座の日産クロッシングでは、「GT-R NISMO」が2019年1月9日から展示されている。以前左ハンドルの欧州仕様が展示されたことがあったが、今回は右ハンドルの国内仕様である。