日産銀座ギャラリー

3種類が勢ぞろい。

日産銀座ギャラリーでは、13代目・V37型となった新型スカイライン誕生イベントが2013年11月12日から12月1日まで開催されており、2台の新型スカイラインが展示されている。そこで珍しい光景に出会った。
日産ニュース

日産スカイラインが消滅?

日産自動車は2013年11月11日に行われた新型スカイライン(V37型)の発表記者会見で、海外で展開している高級ブランド「インフィニティ」を日本市場でも販売すると発表した。 これにより、日産のエンブレムを付けたスカイラインが消滅の危機を迎えている。
日産ニュース

スカイライン、新旧モデルを併売

日産自動車は2013年11月11日に新型スカイライン(V37型)を発表したが、北米市場と同様に従来型のスカイライン(V36型)も併売される。新型スカイラインは北米では2013年8月から販売が開始されておりガソリン車とハイブリッド車の両方がラインナップされているが、従来型より上級移行したため従来型も併売している。
スポンサーリンク
日産グローバル本社ギャラリー

G37からQ60へ

インフィニティG37クーペ(日本名:スカイラインクーペ)の名称が変更された。新しい名称はインフィニティQ60。インフィニティは2014年モデルから名称変更することを以前からアナウンスしており、それに伴う名称変更となる。
日産グローバル本社ギャラリー

予告なきボディカラー変更 スカイラインクーペ

スカイラインクーペのボディカラーに変更があった。 バイブラントレッドとシャイニングブルーが廃止され、代わりにラディアントレッドがラインナップされた。
日産グローバル本社ギャラリー

チョイモビの運転方法

横浜市で始まったカーシェアリング「チョイモビ ヨコハマ」に使用される日産の超小型電気自動車「ニューモビリティコンセプト」はどうやって運転するのだろうか。
日産グローバル本社ギャラリー

新型スカイライン発表

2013年11月11日、日産自動車は新型スカイラインを2014年2月末に発売することを発表し、日産グローバル本社ギャラリーで19時から発表記者会見が行われた。 今回で13代目となるスカイラインの型式はV37型で、近年日本国内で販売を伸ばしているドイツ製プレミアムセダン(BMW、アウディ、メルセデス・ベンツ)に対抗すべく、真のグローバルプレミアムカーとして日産のマザー工場である栃木工場で生産される。
日産グローバル本社ギャラリー

ちょこっとカーシェア、さくっとリターン

横浜市で始まったカーシェアリング「チョイモビ ヨコハマ」に使用される日産の超小型電気自動車「ニューモビリティコンセプト」が日産グローバル本社ギャラリーで2013年9月26日から11月10日まで展示されている。
日産銀座ギャラリー

NYと日本の違い NV200タクシー

NV200ニューヨーク市タクシーと日本仕様の「NV200バネットタクシー」とはどこが違うのだろうか?
日産銀座ギャラリー

ニューヨーク観光で乗りたい。NV200タクシー運行開始

ニューヨーク市と日産自動車との間で独占供給の契約が結ばれていたが、地元の業界団体ニューヨーク市に対して訴訟を起こし、裁判で契約無効という判断が下されたが、判決はあくまで「独占契約が無効」というものであり、供給そのものを禁じたものではないため、NV200ニューヨーク市タクシーは予定通り運行が開始された。
スポンサーリンク